【管理栄養士執筆】 母乳を与えている間、ママははちみつを食べてもいいの?

授乳

1歳になるまで、赤ちゃんにはちみつをあたえてはいけないというのはよく聞きますね。

これは、ボツリヌス菌という食中毒菌が作る毒素によって赤ちゃんに重篤な症状が出ることがある(乳児ボツリヌス症)ためです。

では、母乳を与えているママがはちみつを食べたらどうでしょう。母乳を通して赤ちゃんが乳児ボツリヌス症になることはないのでしょうか。

食の専門家である管理栄養士が解説します。

ママがはちみつを食べても良い!

まずは結論から。母乳を与えているママであっても、はちみつを制限する必要はありません。

赤ちゃんはなぜはちみつを食べてはいけないの?

 

赤ちゃんがはちみつを食べてはいけない理由は、大人と違い腸内細菌の環境が整っていないためです。

はちみつの中には「芽胞」といわれる殻に守られたボツリヌス菌が入っていることがあります。この「芽胞」は熱や乾燥にとても強く、100℃程度の加熱では長い時間をかけても殺菌することができません。

このボツリヌス菌の芽胞が赤ちゃんの腸に入ると、その中で発芽して増え毒素を出し始めます。この毒素によって起こるのが乳児ボツリヌス症です。

症状は、便秘状態が数日間続き、全身の筋力が低下する脱力状態になり、哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等、筋肉が弛緩することによる麻痺症状が特徴です。

ちなみにこのボツリヌス菌の芽胞、はちみつに特有なものではありません。土壌に広く存在していますので、材料の果物、野菜、肉、魚などとともに食品に入ることがあります。

ですので特に離乳食には新鮮な食材を、よく洗って(土をしっかり落とす)使用するなど気を付けるようにしましょう。また、日本では井戸水による乳児ボツリヌス症の報告もあります。

大人がボツリヌス菌の芽胞が入ったはちみつを食べたらどうなるの?

一方、健康な大人の場合、ボツリヌス菌が体内に入っても他の腸内細菌との競争に負けてしまうため、問題になることはありません。

赤ちゃんの腸内細菌の環境離乳食を通して整えられ、1歳を過ぎると大人に近づいてボツリヌス芽胞に対応することが出来るようになります。

ですから、1歳までは食べないようにとされているのです。

妊娠~授乳期間を通して、ママははちみつを食べても大丈夫!

ここまでに説明したように、健康な大人の腸ではボツリヌス菌は増えることが出来ません。また、これまでにママがはちみつを食べたことによる乳児ボツリヌス症の報告はありません。

ですので、ママは授乳中であっても、はちみつを制限する必要はありませんよ。

参考
東京都福祉保健局 食品衛生の窓 ボツリヌス菌
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/boturinu.html
国立感染症研究所 ボツリヌス症とは
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/7275-botulinum-intro.html
厚生労働省 ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

【執筆者紹介】

管理栄養士
仲村ゆうな

大学の栄養科を卒業後、総合病院にて7年勤務。
産婦人科を含む幅広い診療科で、妊娠悪阻の食事管理、低体重の赤ちゃんの栄養指導、産後ママの体重管理、生活習慣病の栄養指導など、のべ1万人以上の栄養サポートを行う。「育児ケアオンライン」のサポーターとして活躍

医療職にLINEで個別相談ができます

助産師・看護師・保健師・管理栄養士があなたとLINEでつながり、毎日の育児についてサポートするサービスです <詳細はクリック>