【助産師執筆】 出産の兆候は何?知っておきたい病院への電話連絡のタイミング

出産

出産間近になると、赤ちゃんに会える楽しみな気持ちがある反面、お産が始まるタイミングやいつ病院に連絡すればいいのか不安に感じていませんか?

陣痛や破水で出産が始まると赤ちゃんに会えるのはもうすぐです。

しかし陣痛や破水といった出産が始まった兆候がいつになるのかは、確実な予測は難しいのです。

そのため出産が始まった時に病院へ連絡するタイミングを事前に知っておくと、落ち着いて対処できますよ。

今回は陣痛の始まりなどの出産の兆候、病院への電話連絡のタイミングについて助産師がわかりやすく解説していきます。

出産が近づいている妊婦さんが感じる5つの兆候

出産が近くなると妊婦さんの身体に変化が出てきます。

出産が近いことを教えてくれている身体のサインなので確認しておきましょう。
具体的には以下の5つです。

  1. 前駆陣痛
  2. おしるし(産徴)
  3. 胃の圧迫感が軽減する
  4. 頻尿
  5. 胎動の減少

兆候1:前駆陣痛

不規則にお腹が張ったり痛くなったりするのが前駆陣痛です。

10分毎や30分毎など張りや痛みの間隔はバラバラで、しばらくすると消失しますが、人によっては数日続くこともありますよ。

前駆陣痛によって子宮頸管が柔らかくなり、出産に向けた産道の準備が整います。

兆候2:おしるし(産徴)

粘り気のあるおりものに少量の出血が混ざっているのがおしるしです。

おしるしは子宮収縮によって、赤ちゃんを包む卵膜と子宮の間にズレが生じて出血し、子宮頸管からのおりものと一緒に出てきます。

びっくりするかもしれませんが、出産が近くなっているサインなので病院へ連絡する必要はありません。

清潔なナプキンをあてて出産が始まるまで様子をみましょう。

兆候3:胃の圧迫感が軽減する

出産が近くなると赤ちゃんは産道に向かって下がってくるため、妊婦さんは胃の圧迫感が楽になります。

胃の圧迫感が軽減することで、妊婦さんは呼吸をしやすくなったり、食欲が出たりしますよ。

兆候4:頻尿

赤ちゃんが産道に向かって下がってくることで、膀胱を圧迫するようになり、妊婦さんはこれまでよりも尿意を感じる回数が増えて、トイレの回数が増加します。

兆候5:胎動の減少

赤ちゃんは狭い骨盤の中を通って生まれてきます。

赤ちゃんが骨盤の中に入ってくると胎動が少なくなり、妊婦さんは以前より胎動が少ないと感じるようになるのです。

出産が始まった!?病院へ電話連絡をする4つのタイミング

その1:陣痛の開始

10分間隔または1時間に6回のお腹の張りや痛みが一般的な出産の陣痛の始まりです。お腹の痛みや張りを感じるようになったら、時計を見て間隔を確認してみましょう。

経産婦さんは15分間隔のお腹の痛みや張りが陣痛開始の目安です。

1時間ほど様子をみて、続いているようであれば病院へ電話連絡をしてください。

妊婦さんによってはお腹の痛みは感じずに、腰の痛みが規則的に感じる場合もあり、陣痛の始まりには個人差があります。

腰の痛みだけでも、規則的な痛みであれば病院へ電話連絡をしてくださいね。

自宅から病院まで30分以上かかる妊婦さんや、前回の分娩にかかった時間が短かった経産婦さんは病院から個別に対応を説明されますので、アドバイスに従ってください。

その2:破水

破水から出産が始まる場合もあります。

明らかに水っぽいものが出たとわかる人もいれば、ショーツが少しだけ濡れているという人もいます。

水っぽいものが流れ続ける、色が透明である場合は破水の可能性が高いです。最初に破水かもしれないと気づいた時間を確認して、病院に電話をしましょう。

その3:心配な症状がある時

以下の3つの症状は病院に相談するべき心配な症状なので、病院に電話をしましょう。

  • お腹がずっと痛む場合
  • 生理の多い日より多い出血がある場合
  • 胎動を感じない場合

陣痛は間欠期といって、子宮収縮がおさまる痛みのない時間が必ずあります。お腹が張りっぱなしで痛みも続いている場合は、心配な症状なので病院へ相談しましょう。

生理の多い日より多い出血がある場合、胎動を感じない場合も心配な症状です。
赤ちゃんは20分から40分のサイクルで睡眠と覚醒を繰り返しており、胎動があります。

出産が始まっても胎動はありますので、1時間ほど様子をみても胎動を感じない場合は病院に相談してください。

その4:自分で判断できない時

陣痛の始まりや破水、心配な症状について知っていたとしても、実際に電話連絡をすべきタイミングなのか自分では判断できない場合があるかもしれません。

迷った時は安易に自己判断をせずに病院に電話をして相談するようにしましょう。

病院へどのように伝える?連絡方法の3つのポイント

ポイント1:妊婦さん本人が電話をする

必ず妊婦さん本人が電話をしましょう。

出産施設のスタッフは電話で話してもらう情報だけではなく、妊婦さんの電話での話し方からも状況を確認しています。

家族の方が心配で電話をかけるケースも少なくありませんが、他の人だと妊婦さんの電話での様子がわからないため、妊婦さん本人が電話をしてくださいね。

ポイント2:名前、分娩予定日を伝える

病院に電話をかけたら、フルネームの名前と分娩予定日を伝え、初産婦なのか経産婦なのかも伝えるようにしてください。

病院によっては診察券番号を質問されることもありますので、電話をかける時に診察券を準備しておくと良いですね。

ポイント3:状況を伝える

電話では今どのような状況なのかを質問されるので、「いつからどうなっているのか」を伝えましょう。

以下の例を参考にして状況を話してくださいね。

陣痛の場合:「◯◯時から10分おきでお腹に痛みがあり、今は8分おきです」
破水の場合:「◯◯時に水っぽいものが流れた感じがあり、今も少しずつ流れています」

状況を話したら、自宅から病院までどのくらいの時間で到着するのかも伝えます。

出産が始まっても焦らず、落ち着いて対応を

出産が始まると早く対応しなければならないと焦る気持ちになるかもしれませんが、落ち着いて対応することが大切です。

この記事を参考にして、陣痛が始まった時の対応をイメージして準備しておきましょう。

しかし妊婦さん自身では判断ができないことはたくさんあると思います。出産施設は24時間対応してくれるので、心配な時はいつでも病院に相談してください。

出産を迎える日までリラックスしながら過ごして、赤ちゃんに会える日を待ちましょうね。

参照元
助産学講座7 助産診断・技術学Ⅱ[2]分娩期・産褥期 第4版第3刷 医学書院

【執筆者紹介】

助産師、保健師、看護師
菊地 綾香

総合病院、産科クリニックに勤務。看護大学教員として看護学生や助産師学生の教育にも携わる。約8年の助産師経験から得た妊娠、出産、育児に関する確かな知識と情報を届けるための活動も行なっている。

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>