【助産師執筆】妊娠期をもっと心地よく過ごすための便秘の正しい知識

妊娠中の生活

「妊娠して便秘になってしまった」と、排便を上手く調整できなくなった妊婦さんは多く、3人に1人が便秘だと言われているほどです。

妊娠中の便秘は、妊娠による身体の変化が原因ですが、便秘になっていると不快感が出て、ストレスに感じてしまうこともありますよね。

便秘は適切に対処しないと、しつこい便秘になってしまって苦しくなってしまうこともあります。

今回は妊娠期を心地よく過ごすために、便秘の原因や解消法などの正しい知識を助産師が解説していきます。

妊娠中の便秘の原因は時期によって違う

妊娠初期の便秘の原因

妊娠すると、プロゲステロンという妊娠を維持するためのホルモンの分泌量が増えていきます。

プロゲステロンは妊娠を継続するために欠かせないホルモンですが、実は腸の動きを弱める働きも持っているのです。

腸の動きが弱まると、便を肛門へ運ぶ力が弱くなってしまい便秘になります。

また、妊娠初期はつわりが出る時期です。

つわりによって食事や水分摂取量が減ってしまうと、つくられる便の量が少なくなったり、便が硬くなったりすることで便秘を引き起こします。

妊娠中期〜後期の便秘の原因

妊娠中期以降は赤ちゃんが成長して、子宮が大きくなっていきます。

腸は子宮の裏側に位置しているので、大きくなった子宮が腸を圧迫して腸の動きを弱めることにより、便秘になります。

加えて、子宮が大きくなると胃も圧迫されるようになるので、食事や水分摂取量が減ることで便秘になることもあります。

便秘がしつこくなると何が起こる?

子宮が収縮しやすくなる

便秘になって腸に便が溜まると、便を出そうと腸が動いたり、トイレで力をいれていきんだりすることによって子宮収縮が起こりやすくなります。

子宮収縮が起こると、妊婦さんが「お腹が張っている」という感覚になり、時には痛みを感じることもあります。

痔核(いぼ痔)や裂肛(切れ痔)になりやすい

妊娠の経過とともに子宮が大きくなると、骨盤内の静脈を圧迫するようになり、肛門周囲の血流が悪くなって痔核ができやすくなります。

そのため、トイレで強くいきんだり、硬い便が肛門を通過したりすることで痔核(いぼ痔)や裂肛(切れ時)を引き起こしやすくなってしまいます。

妊娠中にできた痔は、出産が終了してから数週間で治るのですが、痔ができると排便が怖くなってしまいますよね。

できる限り痔にならないように対処していきたいところです。

妊娠中の便秘を解消する5つの方法

方法1:毎日同じ時間にトイレに行く

朝食後にトイレに行くなど、毎日同じ時間にトイレに行って排便する習慣をつけましょう。

また、便意は我慢しないことが大切なので、便意を感じたらトイレに行くようにしてください。

方法2:朝食を抜かない

朝食を食べることで、腸の動きが活発になり排便しやすくなります。

朝食をしっかり摂取して排便しやすい身体をつくっていきましょう。

方法3:食物繊維が豊富な食事を摂り、こまめに水分補給をする

根菜類や豆類などの野菜、海藻類には食物繊維が豊富に含まれているので、意識して食べるようにし、こまめに水分補給をして排便しやすくしましょう。

なお、食事の工夫で便秘を解消する詳しい方法については下記のコラムも参照してください。

【管理栄養士執筆】 妊婦が便秘になりやすいのはなぜ?その解消方法は?

https://blog.ikujicare.jp/2019/02/09/pregnant-constipation/

方法4:適度な運動をする

運動をすることも腸を活発にする方法の一つですよ。

ウォーキングなど簡単にできる運動を生活に取り入れて試してみてください。

妊娠中の運動については、下記のコラムも参照してください。

【助産師執筆】 妊娠中に運動が必要なのはなぜ?理由や運動の効果を助産師が解説

https://blog.ikujicare.jp/2019/03/01/pregnant-activity/

方法5:薬の服用をする

食事や水分補給、運動などの日常生活の工夫をしても便秘が解消しない場合は、薬を服用して解消することも必要です。

しつこい便秘になって苦しくなる前に医療機関に相談してみましょう

妊娠中によく使われる排便の薬は?

ここでは、妊娠中によく使われる排便の薬を3つご紹介しますね。

便秘に対して下剤などの薬を飲むことに抵抗がある方もいるかもしれません。

しかし、便秘はひどくなってしまうと子宮が収縮しやすくなったり、痔の原因になったりすることがあるので早めに対処することが大切です。

便秘が解消しない時は医療機関に相談をして、薬の処方をしてもらうことも可能ですよ。

ただし、妊娠中は使用できる薬が限られていますので、市販薬は内服してはいけません。

また、下剤をたくさん飲んでしまうと子宮収縮の原因になってしまうので、医療機関のアドバイス通りに内服しましょう。

整腸剤

整腸剤には、乳酸菌、酪酸菌、糖化菌が含まれており、乳酸菌や酪酸菌は腸内細菌のバランスを整えてくれる働きがあります。

糖化菌は乳酸菌のエサになる菌なので、乳酸菌を増やす手助けをする働きがあります。

整腸剤は下剤を飲むことに抵抗がある妊婦さん、便が出にくくなってきている妊婦さんに処方されていますね。

緩下剤(酸化マグネシウム)

緩下剤は下剤の一種ですが、腸を刺激しないタイプの下剤です。

緩下剤は大腸の中で水分の吸収を抑えることにより、排便の時に便がやわらかい状態にして便を出しやすくする特徴があり、便秘に悩む妊婦さんによく処方されている薬です。

刺激性下剤(ピコスルファートナトリウム、ラキソベロン、チャルドール)

刺激性の下剤は大腸の動きを高めて腸を動かし、排便の手助けをする薬です。

緩下剤を使っても便秘が解消しない場合に処方されることが多く、緩下剤と併用して使うこともあります。

刺激性下剤は内服する量によっては便がゆるくなってしまうことがあるので、医療機関に相談しながら妊婦さんに合った適量を内服していくことになります。

便秘を解消して楽しい妊婦生活を!

妊娠中の便秘はホルモンの分泌量が増加したり、大きくなった子宮が腸を圧迫したりすることで起きるマイナートラブルです。

食事や水分摂取、排便習慣を意識することで便秘は解消しやすくなりますが、時にはしつこい便秘になることもあります。

便秘になってきた、便秘が治らないと感じるのであれば医療機関に相談をして適切なアドバイスをもらいひどくならないように対処していきましょう。

便秘を解消して心地よい、楽しい妊婦生活を送ってくださいね。

参照元
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪母子医療センター
https://www.wch.opho.jp/hospital/consultation/images/leaflet/syoujyou_04.pdf

助産診断・技術学Ⅱ[1]妊娠期 医学書院 第4版第3刷 P.236-237

治療薬マニュアル2009 医学書院 P.805-812

【執筆者紹介】

助産師、保健師、看護師
菊地 綾香

総合病院、産科クリニックに勤務。看護大学教員として看護学生や助産師学生の教育にも携わる。約8年の助産師経験から得た妊娠、出産、育児に関する確かな知識と情報を届けるための活動も行なっている。

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>