【助産師執筆】産後の母親の体調はどう変化?注意すべき症状も解説

出産

出産が終わったら、母親の身体はどのように変化するのか知っておきたいですよね。

産後は、お母さんの身体と心の状態が変化しながら回復していく大切な時期です。

一般的に産褥期と呼ばれていますが、この期間は産後6週間から8週間です。今回は産後のお母さんの体調の変化や注意すべき症状について、助産師が解説していきます。

この記事を参考に、産後のお母さんの体調がどのように変化するのかイメージしてくださいね。

産後は「退行性変化」と「進行性変化」の2種類の変化があり

退行性変化

子宮や腟といった性器が、妊娠前の状態に戻っていくことを退行性変化と呼んでいます。

妊娠によって大きくなった子宮は、出産が終了するとお臍の高さまで収縮し、その後は産後の日数が経過するごとにどんどん収縮していきます。

この過程で後陣痛と言われているお腹の痛みを感じることがあり、出産当日から産後2日目までが強く、産後3日目以降は次第に弱くなっていくのが特徴です。

こうして、産後6週間から8週間で妊娠前の子宮の大きさに戻っていきます。

出産が終了すると悪露といって、子宮や腟から血液などの分泌物が排出されるようになります。

悪露が排出される期間には個人差がありますが、産後4週間から6週間には消失します。

悪露の色や量の変化は以下の通りです。

  • 出産当日から産後3日目頃まで:赤色で量は生理の多い日に似ている
  • 産後1週間頃:褐色に変化して、量が少なくなる
  • 産後2週間頃:黄色へ変化して、量はさらに少なくなる
  • 産後4週間頃:透明に変化する

進行性変化

母乳が分泌されるようになるのが進行性変化です。

妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンというホルモンがたくさん分泌されていて、出産後に備えて乳腺の発育を促していました。

妊娠中は母乳の分泌を促すプロラクチンも分泌されています。

しかし、エストロゲンとプロゲステロンの働きでプロラクチンの働きを抑えているため、妊娠中に母乳がたくさん出ることはありません。

出産が終了すると、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が急に減るので、プロラクチンの作用で母乳がつくられ分泌されるようになります。

母乳はだんだんと分泌量が増えていくので、出産後2日目頃までは分泌量が少ないです。出産後3日目頃から生理的緊満といっておっぱいが張ってくるので、この頃からたくさんのおっぱいがつくられて分泌されるようになっていきますよ。

産後のお母さんは心も変化、頼りたくなる時期がある

産後のお母さんは身体だけではなく、心も変化します。

産後2日目頃までは、お母さんの身体の回復が優先されるので、お母さん自身が自分のことで精一杯です。

育児や身の回りのことで誰かに頼りたくなる時期でもあります。

自然な心の変化ですので、頼りたいと思う自分を責めたりせずに、家族や医療者に協力してもらって過ごしましょう。

産後3日目を過ぎると体調が回復してきて、自分で育児をやってみたいという気持ちに自然と変化してきますので、このタイミングでできることを増やしていくと良いです。

マタニティブルーズといって、一時的にお母さんの気持ちが落ち込んだり、理由もなく泣きたくなったりすることがあります。

出産を終えたお母さんの約半数が、経験すると言われているのですが、マタニティブルーズは病気ではないので安心してくださいね。

産後の急激なホルモンバランスの変化、出産や育児の疲労が関わっていると考えられているのですが、明確な原因はわかっていません。

気分が落ち込んだ時は家族や医療者によく話を聞いてもらい、ゆっくり休んで回復を待ちましょう。

しかし、出産後2週間以上気持ちが落ち込んだり、悲しい気持ちが続いていたりする場合は医療機関へ相談してくださいね。

産後の過ごし方と注意が必要な症状

産後の過ごし方ですが、以下の5つのポイントをおさえておきましょう。

  1. 産後1か月を目安に妊娠前の生活に戻すようにする
  2. 無理はせずに、疲れたら横になって休む
  3. 料理、洗濯、掃除といった家事は産後3週間頃から少しずつ始める
  4. 1か月健診までは湯船に入らずにシャワー浴にする
  5. 夫婦生活は1か月健診まではお休みする

産後のお母さんに注意が必要な症状は以下の3つですので、心配な時は医療機関に相談してくださいね。

出血が続く、血のかたまりが出る

産後2日目から3日目までは赤色の出血が見られますが、その後は出血の量も少なくなって、褐色や黄色へ変化していきます。

赤色の出血が1週間以上続いている、夜用の生理用ナプキンが1時間ほどでいっぱいになるほどの出血がある、血のかたまりが出る場合は医療機関への相談が必要です。

38℃以上の発熱がみられる

産後10日以内に2日以上にわたって、38℃以上の発熱がある場合は産褥熱(さんじょくねつ)の可能性があるので医療機関に相談しましょう。

子宮などの骨盤の中にある臓器が細菌感染を起こしていることが原因です。

おっぱいが痛い、赤くなっている

おっぱいが痛くなっている、赤くなっている場合は乳腺炎の可能性があります。
しこりができたり、38℃以上の発熱がみられたりすることもあります。

乳腺炎になるとマッサージや薬の内服が必要になりますので、ひどくなる前に医療機関に相談することが大切ですね。

産後は家族にサポートしてもらい、ゆったりと過ごしましょう

産後はお母さんの身体が回復するのと同時に、母乳の分泌が本格的に始まる時期です。

生まれた赤ちゃんの育児もありますので、初めての生活に大変さを感じる場面もあるかもしれません。

だからこそ、産後は家族などの周囲のサポートが必要な時期です。

お母さんの体調が順調に回復して、赤ちゃんも元気に育ってくれるように、無理をせず家族の協力を得て過ごしましょう。

参照元
助産診断・技術学Ⅱ[2]分娩期・産褥期 医学書院 第4版第3刷 P.248〜253

【執筆者紹介】

助産師、保健師、看護師
菊地 綾香

総合病院、産科クリニックに勤務。看護大学教員として看護学生や助産師学生の教育にも携わる。約8年の助産師経験から得た妊娠、出産、育児に関する確かな知識と情報を届けるための活動も行なっている。

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>