【看護師執筆】 赤ちゃんの便秘が気になったらどうすればいい?自宅でできることは?

赤ちゃんのお世話

赤ちゃんの便が出てない気がする、今まで軟らかかったのに急に硬くなった、大人とは違うのでよくわからないなど、赤ちゃんの排便のことで悩んだり、心配になったことはありませんか?

今回はお悩みの中でも多い「赤ちゃんの便秘」と、自宅でできるマッサージのコツについて看護師が解説します。

赤ちゃんの便秘ってなに?

お通じのリズムや形状は大人でも個人差が大きく、体調や食べたもの、環境によっても左右されますが、これは赤ちゃんでも同じです。

離乳食を始めた、母乳とミルクの量が変わった、環境がいつもと違うなどでも便を出しづらくなることがあります。母乳の場合は、どれくらい飲んでいるかわかりづらいですね。

飲んでいる母乳量が減ると、「尿の量」も減ります。「うんちが出てないな」と感じた時には、オムツが濡れているかもチェックしてみましょう。

また、赤ちゃんの成長や発達の過程で便を出しづらくなることもあります。

生後2~3ヶ月くらいになると消化器官が発達して便をお腹に溜められるようになり、便秘の症状を起こしやすくなる赤ちゃんもいます。

また、生後5~6ヶ月頃の離乳食開始時期も便秘になりやすいです。固形物を食べるようになると便も新生児の頃と比べると固まりやすく、一方で、いきむ力はまだ足りないことにより便秘がちになってしまいます。

排便の回数がいつもより少なく、以下のようなときには便秘を疑い、受診を検討する必要があります。

  • 排便のときに顔を真っ赤にして力強くいきむ、便を出すのが大変そう
  • 授乳から時間がたっているのに、下腹部が張っている
  • 母乳やミルクを飲む量が減っている
  • 排尿回数が1日4回より少ない
  • 便が硬く血がついている
  • 機嫌が悪い、なにをしても泣きやまない

上記のような症状があるときには、かかりつけの小児科に相談しましょう。

排便の回数や便の硬さには個人差が出やすいので、「いつもの様子と違う」という感覚も大切になります。普段から便の様子をチェックしておいて、変化がわかるようにしておきましょう。

便が出てないなと思ったら…まずは食事の工夫からはじめましょう

便を出せない状況が続くと便が硬くなり、排便に痛みや辛さを伴うようになります。その結果、赤ちゃん自身が排便は痛いことだと認識してしまい、我慢してますます硬くなる…という悪循環にはまり、便秘が悪化することもあります。

「うんちが出てないな」と思ったら、早めに解消してあげることが必要です。

まずは、母乳やミルク、食事の内容や量を検討してみましょう。ミルクを飲んでいる場合は、正しい濃度で調乳できているか確認したり、ミルクのメーカーを変えたりすると便秘が改善することがあります。

離乳食を始めている場合、食物繊維が豊富な食材を取り入れるのが効果的です。

離乳食で取り入れやすいのは、リンゴやバナナなどの果物です。そのほか、みかんやオレンジなどの柑橘類の果汁を薄めて与えたり、寒天の粉末をお湯で溶いたものをおかゆに小さじ1程度混ぜて与えても便秘に効果があるといわれています。

便秘解消だけでなく、親子のスキンシップにも効果的!自宅でできるマッサージを紹介します

食べ物や飲み物を調整するほかにも、運動やマッサージをしてあげるのも効果的です。

ここでは、自宅でできる運動やマッサージをご紹介します。赤ちゃんとのスキンシップあそびの延長のつもりで楽しく行いましょう。

いずれも授乳後1時間は避け、機嫌よく起きているときに行いましょう!

お腹マッサージを行う

  1. お腹をママから見て「の」の字を書くようにさすります。
    この時、お腹が少しへこむくらいの圧をかけて行いましょう。「の」の下側、つまり、足の付け根部分に便がたまりやすいので、他のところより少し力をかけて行ってあげると効果が得られやすいです。
  2. 赤ちゃんの脇腹からお股に向かって「V」の字を書くように両手を滑らせます。
    冷たい手でマッサージすると、びっくりして体に力が入ってしまうこともあります。なるべく温かい手のひらで、やさしく赤ちゃんに触れるようにしましょう。また、ベビークリームやベビーローションを使用すると滑りやすくなり、赤ちゃんもママもより楽にマッサージを行うことができますよ。

ガス抜きの体操を行う

赤ちゃんのふくらはぎを持って、膝をお腹に寄せるように屈伸運動をさせます。

このとき、膝がお尻のラインより外側に開かないように、伸ばした状態から真上のお腹側に引き寄せるようにするのがコツです。

(ママもこのポーズをご自分でしていただくと分かると思いますが、膝が開いた格好になるとあまりお腹に圧がかかりません。)

赤ちゃんが抵抗して膝を伸ばそうとする場合は、無理に行わないようにしましょう。

便秘体操を行う

ガス抜きの体操の両足を屈伸した状態で、右と左にコロンコロンとウエストをねじるように動かします。

この時も赤ちゃんが嫌がる場合には、無理に行わないようにしましょう。

綿棒浣腸を行う

  1. 綿棒の先にワセリンやベビーオイルをつけます。
    ・綿棒はベビー用ではなく、大人の綿棒の方が効果を得やすいです。
  2. オムツを替える格好(膝をおなかに寄せる)で、綿棒を1-2cm程お尻の穴にいれてクルクルと回します。
    ・赤ちゃんが自分で便を出すお手伝いをするだけなので、便を掻き出そうとしたり、強く動かしたりする必要はありません。
    ・綿棒浣腸がクセになることはないので、安心してサポートしてあげましょう。

おわりに

今回は、赤ちゃんの便秘とその解消法についてお伝えしました。

ご紹介した方法について、加減もわからないし、いきなり行うことを心配に思う方は、まずは病院で相談してみてくださいね。

便秘はひどくなる前に解消することがとても大切です。赤ちゃんの状態を観察・ケアをして、楽に排便できるようサポートしてあげましょう。

参考文献
日本小児栄養消化器肝臓学会・日本小児消化管機能研究会「小児慢性機能性便秘症診療ガイドライン」
日本外来小児科学会 編著 「お母さんに伝えたい子どもの病気ホームケアガイド」

【執筆者紹介】

看護師・保健師
安田紗貴

大学病院で小児科と産婦人科合わせて6年間勤務。産婦人科クリニックや小・中学校での勤務経験も有り。「育児ケアオンライン」のサポーターとして活躍

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>