【助産師執筆】妊娠中の喫煙は赤ちゃんにどのような影響を与える?

妊娠中の生活

妊娠中の喫煙は、赤ちゃんに悪い影響を与えると聞いたことがあるのではないでしょうか。

喫煙が乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを高めることを知っている方は多いと思います。

妊娠中の喫煙は赤ちゃんにとって様々なリスクがあり、妊娠中、そして出産後も禁煙するのが最も良いです。

今回は妊娠中の喫煙の影響について助産師が解説しますので、妊娠と喫煙について正しい情報を知る機会にしてくださいね。

喫煙は本人と周囲の人へも影響を及ぼす

たばこの煙には、400種類以上の化学物質が含まれており、そのうち約200種類が有害物質。

約半分の化学物質が有害なので、身体に悪い影響を与えるということは容易に想像できると思います。

さらに、たばこを直接吸った時の煙よりも、火のついた方から出る煙(副流煙)の方が有害物質を多く含んでいます。

たばこを吸うことによって、吸っている本人だけではなく、周囲の人にも有害物質を与えていることになるのです。

妊娠中の喫煙が起こしやすいリスク

その1:妊娠経過への影響

妊娠中の喫煙は妊娠経過そのものに影響を与え、以下のようなリスクが増加します。

  • 自然流産
  • 赤ちゃんが育ちにくくなる(子宮内発育遅延)
  • 早産
  • 陣痛が始まる前に破水する(前期破水)
  • 低出生体重児(生まれた時の赤ちゃんの体重が2500g未満)
  • 出産になる前に胎盤が剥がれてしまう病気(常位胎盤早期剥離)
  • 子宮内で赤ちゃんが亡くなる(子宮内胎児死亡)

その2:出産後の喫煙も赤ちゃんへ影響

出産後の喫煙も赤ちゃんの健康に影響します。

授乳中の喫煙は母乳にニコチンが入って、赤ちゃんがイライラする、夜泣きをする、嘔吐や下痢になるといったニコチン中毒症を引き起こす可能性があります。

乳幼児突然死症候群(SIDS)も赤ちゃんと同居している家族の喫煙が関係していますし、喘息や気管支炎、肺炎のリスクも高くなります。

たばこの主な有害物質と妊娠への影響

たばこの主な有害物質が妊娠へどのように影響するのかを解説しますね。

たばこには、以下のような有害物質が含まれています。

  • ニコチン
  • 一酸化炭素
  • シアン化合物

ニコチンは多くの方が知っているたばこの有害物質ですが、車の排気ガスにも含まれている一酸化炭素や、殺虫剤に使われているシアン化合物もたばこの有害物質なのです。

ニコチンには血管を収縮させる作用があり、妊婦さんの身体に入ると血管が収縮することで子宮の血流が悪くなります。

すると赤ちゃんへ十分な酸素を届けることができなくなり、赤ちゃんの体重が増えにくくなるのです。

一酸化炭素も妊婦さんの身体へ入ることで、赤ちゃんに十分な酸素を届けることができなくなります。

シアン化合物は、身体で解毒をするためにビタミンやアミノ酸が使われるため、赤ちゃんが成長するためのエネルギーが少なくなってしまいます。

最近では、煙が出ない加熱式たばこがあり、煙が出ないから受動喫煙の心配がないと考えている方もいるかもしれません。

加熱式たばこは、電気でたばこの葉を加熱することでニコチンを吸い込むタイプのたばこで、加熱時に有害物質が発生していると言われています。

加熱式たばこも禁煙には効果がないことを覚えておきましょう。

赤ちゃんと妊婦さんをたばこの害から守る3つの対策

禁煙外来を利用する

妊婦さん本人が喫煙しており、なかなか禁煙できない時は医療機関の禁煙外来を利用すると良いですよ。

専門の医療者が喫煙者本人にあった方法で、一緒に禁煙を支えてくれます。

たばこの煙がある場所には行かない

たばこの煙がある場所では受動喫煙のリスクが高いです。

居酒屋や分煙しているレストランなど、たばこの煙がある場所は避けて外出するようにしましょう。

家族に禁煙の協力を呼びかける

家族に喫煙者がいる場合は、禁煙の協力をお願いしましょう。

換気扇の近くやベランダなどの喫煙で分煙している場合でも、家の中に煙が入ってしまうため、受動喫煙の原因になってしまいます。

協力を呼びかけるのが難しいと感じている場合は、家族と一緒に妊婦健診の受診をして、医療者に協力の必要性を説明してもらうのも良い方法です。

たばこの害から赤ちゃんを守ろう

妊娠中の喫煙は、赤ちゃんの成長や妊娠経過に決して良い影響は与えません。

妊娠中だけではなく、赤ちゃんが生まれた後の健康に関わってくるため、禁煙や受動喫煙をしないようにするのが最も良い方法です。

もし禁煙できずに悩んでいたり、家族の喫煙で悩んでいる場合は、医療者に相談して一緒に解決策を考えてくださいね。

赤ちゃんが健康に成長できるように、たばこの害から守りましょう。

参照元
日本医師会 受動喫煙のリスク
https://www.med.or.jp/forest/kinen/risk/#firstContents

助産診断技術学Ⅱ[1]妊娠期 医学書院第4版第3刷 P.228〜229

【執筆者紹介】

助産師、保健師、看護師
菊地 綾香

総合病院、産科クリニックに勤務。看護大学教員として看護学生や助産師学生の教育にも携わる。約8年の助産師経験から得た妊娠、出産、育児に関する確かな知識と情報を届けるための活動も行なっている。

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>