【助産師執筆】妊娠したら必読!妊娠経過と胎児の成長を知っておこう

妊娠中の生活

妊娠がわかって嬉しい気持ちとともに、これから赤ちゃんがどのように成長していくのか、妊婦さんの身体がどのように変化していくのか気になりますよね。

今回は助産師が妊娠経過と胎児の成長について、妊婦さんによくある相談と一緒に解説していきます。

出産を迎えるまでの経過を知って、これからの妊娠生活をイメージしてみてくださいね。

妊娠初期(妊娠1か月〜4か月)の経過と胎児の成長

妊娠1か月(妊娠0週〜3週)

この時期は受精卵が子宮内膜に着床する時期で、多くの妊婦さんはまだ妊娠に気付いていません。

妊娠0週は最終月経の初日としており、妊娠3週頃は次回の月経が開始する予定の時期になっているので、妊娠がわからない方が多いのです。

よくある相談:妊娠している可能性があるけれど、薬は飲んでも大丈夫?

妊娠している可能性があるとわかっている場合は、薬の内服が可能かどうか医療者に相談しましょう。

また、レントゲン写真(X線写真)の検査を受ける場合も妊娠の可能性があることを伝えてくださいね。

妊娠2か月(妊娠4週〜7週)

妊娠2か月になると予定の月経が遅れていることに気がつくため、この時期に妊娠に気づく方が多いですね。

月経の遅れの他に、吐き気などのつわり症状も出てくる時期となります。

赤ちゃんは妊娠2か月末になると約3㎝の大きさとなり、目・耳・口ができてきます。

よくある相談:妊娠していると思うけれど、いつ病院に行くと良い?

妊娠に気がついたら、早めに病院を受診して妊娠の確定をしてもらいましょう。

早めに病院に行って診察を受けることで、ちゃんと子宮内で赤ちゃんが育っているのかを確認することができるからです。

妊娠検査薬を自宅で使った場合は、検査した日を病院に伝えると良いですね。

妊娠3か月(妊娠8週〜11週)

妊娠3か月では、吐き気、食欲がなくなる、イライラするなどのつわり症状を経験する方が多いです。

妊娠によるホルモンバランスの変化で、便秘になりやすいのも特徴ですね。

妊娠3か月末の赤ちゃんは、身長は約9㎝、体重は約20gになり、超音波検査で赤ちゃんの心拍が確認できる時期でもあります。

よくある相談:つわりで食事をしっかりとることができません

つわりの時は無理に普段の食事をとる必要はなく、食べやすいものを食べて大丈夫です。

吐き気や嘔吐がひどく、体重が3kg以上減少しているなら医療者に相談しましょう。

また、この時期に出産予定日が決まるので、体調をみながら母子健康手帳の交付を受けましょう。

妊娠4か月(妊娠12週〜15週)

妊娠4か月に入るとつわり症状が落ち着き、少しずつお腹が大きくなってきて、下腹部にふくらみが出てきます。

妊娠4か月末で赤ちゃんの身長は約16㎝、体重は約100gとなり、胎盤が完成します。

赤ちゃんの身体には皮下脂肪がついてきて、身体がふっくらしてくる時期です。

よくある相談:出産する病院はいつまでに決めると良い?

病院によっては、事前に出産の予約が必要な場合があるため、出産する病院の決定は妊娠20週を目安にしましょう。

里帰り出産をするのかしないのかも考えておくと良いですね。

里帰り先の出産施設や家族の協力体制など、早めに情報収集をして検討してください。

妊娠中期(妊娠5か月〜7か月)の経過と胎児の成長

妊娠5か月(妊娠16週〜19週)

妊娠5か月に入ると、妊婦さんは胎動がわかるようになってきます。

乳腺が発達してくる時期でもあるので、乳房が大きくなってくるのもこの時期ですね。

妊娠5か月末で赤ちゃんの身長は約25㎝、体重は約250gまで成長します。

よくある相談:出産準備はいつから始めると良い?

出産準備は出産で入院した時に使うもの、出産後2か月頃まで使うものを準備することになります。

妊娠6か月(妊娠20週)に入ったら少しずつ始めて、妊娠8か月(妊娠28週)に入る前までには準備を整えておくと良いですね。

妊娠8か月以降は妊娠末期といい、妊婦さんの体調が変化しやすく、何かあった時にいつでも病院に入院できる準備をしておく必要があるからです。

出産準備で何を準備するのかは、以下の記事を参考にしてください。

【助産師執筆】 育児用品はいつ購入する?準備時期と必要物品を解説!

https://blog.ikujicare.jp/2019/06/07/baby-goods-preparation/

妊娠6か月(妊娠20週〜23週)

妊娠6か月に入ると、胎動をはっきりと感じるようになって赤ちゃんの成長をより実感できるようになります。

妊婦さんに食欲が増してくるのもこの時期ですね。

妊娠6か月末で赤ちゃんの身長は約30㎝、体重は約600gとなり、髪の毛、眉毛やまつ毛ができてきます。

子宮外で赤ちゃんが生きることができると言われているのが、妊娠6か月で妊娠22週以降となります。

よくある相談:食欲が出てきて、ついたくさん食べてしまいます

妊娠6か月になると妊婦さんの食欲が増してくる時期ですが、一度にたくさんの食事をとってしまうことで、血糖値が急激に上昇してしまいます。

1日の食事量は変えずに、1日3回の食事を1日5回に分けて少しずつ食事をとるようにしたり、野菜や汁物から食事を始めたりするのも良い方法です。

仕事をしている方は一口大のおにぎりなどを持って行き、昼食までの時間で食べるようにする方法もあります。

妊娠7か月(妊娠24週〜27週)

妊娠7か月に入るとお腹のさらに大きくなり、子宮はお臍の位置を超えてくるようになります。

赤ちゃんが大きくなってくるので腰痛が出てきたり、お腹に妊娠線ができたりする妊婦さんもいます。

妊娠7か月末で赤ちゃんの身長は約35㎝、体重は約1000gです。

よくある相談:母乳育児を希望しているけれど、どんな準備が必要?

お腹が大きくなってきて、もう少しで赤ちゃんが生まれることを実感すると、赤ちゃんへの授乳について考えますよね。

母乳育児のために妊娠中にできる準備ですが、妊娠37週以降に入るまでは乳頭を清潔にすることを意識すると良いです。

乳頭は母乳の通り道になりますので、乳垢(にゅうこう)が付いていたらお風呂の時に取り除くようにしましょう。

妊娠中にできる母乳育児の準備の詳細は以下の記事を参考にしてください。

【助産師執筆】母乳育児のメリットが知りたい!妊娠中にできることは?

https://blog.ikujicare.jp/2019/08/26/pregnant-breast-feeding-merit/

妊娠末期(妊娠8か月以降)の経過と胎児の成長

妊娠8か月(妊娠28週〜31週)

妊娠8か月に入ると、妊娠期間中で最も羊水量が増え、さらに胎動も活発になります。

赤ちゃんがよく動くと感じるようになりますね。

お腹が大きくなっているため、胃の圧迫感が出てくる、腰痛や寝返りが難しく感じることもあります。

妊娠8か月末で赤ちゃんの身長は約40㎝、体重は約1500gとなり、聴覚が完成します。

よくある相談:お腹が張るようになってきたけど、受診するべき?

妊娠8か月を過ぎるとお腹の張りを感じることが出てきます。

痛みや出血がなく、頻繁に(1時間に5〜6回以上)張るようでなければ休んで様子をみましょう。

休む時は可能なら横になって休むと良いですね。

しかし、心配に感じる時は安易な自己判断はせずに医療者に相談してください。

妊娠9か月(妊娠32週〜35週)

妊娠9か月に入ると、赤ちゃんはさらに成長してお腹も大きくなるため、妊婦さんの胃や肺、膀胱を圧迫します。

そのため一度に食事する量が減ったり、動悸を感じたり、頻尿になることもあります。

妊娠9か月末で赤ちゃんの身長は約45㎝、体重は2000gとなり、髪の毛や爪が伸びてきます。

よくある相談:出産が近づいているので、病院に連絡するタイミングを知りたい

病院に連絡するタイミングは、以下の4つのタイミングです。

  1. 陣痛が開始した時
  2. 破水した時
  3. 出血が多い(月経2日目くらいの量)
  4. お腹がずっと張っているなど異変を感じた時

電話連絡のタイミングについては、以下の記事を参考にしてくださいね。

【助産師執筆】 出産の兆候は何?知っておきたい病院への電話連絡のタイミング

https://blog.ikujicare.jp/2019/03/18/pregnant-sign/

妊娠10か月(妊娠36週以降)

妊娠10か月はいよいよ出産を迎える時期で、妊娠37週以降の出産は正期産といって、いつでも出産できる時期です。

不規則なお腹の痛み(前駆陣痛)を感じたり、おりものに出血が混ざったおしるしが出ることがありますね。

赤ちゃんは出産に備えて骨盤の中へ入っていくので、胃の圧迫感が楽になります。

この時期の赤ちゃんの身長は約50㎝、体重は約3000gとなります。

よくある相談:楽しみだけど、いつ出産になるのかわからないので不安です

出産が近づくと赤ちゃんに会えるのが楽しみという気持ちとともに、不安な気持ちも出てきますよね。

妊娠10か月に入ったら、遠出は避けてゆったりした気持ちで過ごして出産に備えましょう。

妊娠37週以降になると、妊婦健診が1週間に1回の頻度となり、子宮口が何センチ開いているのかを確認します。

おおよその目安ではありますが、子宮口の開きで出産が近いのかどうかを確認することができますので、健診結果を参考にすると良いですよ。

医療者に相談しながら楽しい妊娠生活を

妊娠してから出産を迎えるまでの妊娠経過や胎児の成長、妊婦さんからよく相談を受けることについてご紹介しました。

これから妊娠生活がどのように変化していくのか、少しでもイメージできると幸いです。

妊婦さんによって体調の変化や赤ちゃんの成長にも違いがありますので、疑問に思ったことや心配に感じたことは遠慮せずに医療者に相談して解決してくださいね。

出産まで楽しい妊娠生活を送りましょう。

参照元
母性看護学各論 医学書院 第11版第1刷 P.487〜491

【執筆者紹介】

助産師、保健師、看護師
菊地 綾香

総合病院、産科クリニックに勤務。看護大学教員として看護学生や助産師学生の教育にも携わる。約8年の助産師経験から得た妊娠、出産、育児に関する確かな知識と情報を届けるための活動も行なっている。

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>