骨盤の歪み改善エクササイズ⑥ お尻のストレッチ(恥骨・尾骨痛)

産後エクササイズ動画

エクササイズ動画

 難易度★

(解説)骨盤の歪みはなぜ起こる?

骨盤の歪みが起きる主な原因は、出産に備え骨盤の周囲がゆるむことにあります。

妊娠中に多く分泌されるリラキシンという女性ホルモンが、骨盤を締めている筋肉・靭帯をゆるめる働きがあります。

恥骨や尾骨を支えている筋肉や靭帯がゆるむと骨盤が歪み、痛みを感じることがあります。

また、出産時に、赤ちゃんが骨盤を通る為に、骨盤(恥骨・尾骨)は押し広げられます。このことにより、骨盤周囲の靭帯は引き伸ばされ、痛みが増してしまいます。

これら骨盤の歪みが治らなかったり、骨盤が開いたままであったりすると、出産後も骨盤周囲の痛みが続きます。

押し広げられた骨盤が元の位置に戻るためには、歪みを整え、骨盤を締めるための筋力トレーニングが必要となります。

エクササイズの概要とポイント

対象と開始時期

  • 対象:産後の方(骨盤周囲の痛みを感じる方、骨盤の歪みが気になる方)
  • 開始時期:産後1か月検診後〜産後2か月から開始
  • 禁忌(控えた方が良い方):発熱、産褥乳腺炎、産褥期精神障害、産褥熟、子宮復古不全、血栓性静脈炎・深部静脈血栓症

ポイント

  • ストレッチは15秒〜20秒程、反動をつけず、のばしましょう
  • どのエクササイズも息は止めず、呼吸をしましょう

注意

  • 動画中のテロップに、エクササイズを行うセット数の基準を指示していますが、体力に合わせ息が荒くならない範囲で行いましょう
  • 体調の悪いときや、途中で息苦しさを感じたときは、無理せずエクササイズを中止してください

 

【監修者紹介】
理学療法士 櫻本祥子

回復期病院で理学療法士として勤務。その後、パーソナルトレーニングジム、improve kyotoにて勤務中。理学療法士の知識を活かしたトレーニングの開発と指導にあたる

 

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>