【管理栄養士監修】1食で栄養もしっかり摂れるメニュー :お野菜たっぷり牛丼

離乳食レシピ動画

レシピ動画

レシピ概要

  • レシピ名称:お野菜たっぷり牛丼
  • 離乳食期:完了期(生後12~18か月頃)

材料と手順

【材料(1食分)】

調理時間
25分

  • ご飯(普通飯)・・・80g
  • 牛肉・・・25g(脂を取って20g)
  • たまねぎ・・・20g(小サイズ約1/8個)
  • 人参・・・20g(太い部分の輪切り約1~2枚)
  • しめじ・・・10g(しめじ約5~10本)
  • かつお昆布だし・・・150ml
  • 醤油・・・0.5ml
  • 砂糖・・・小さじ½

【手順】

  1. 玉ねぎは皮を剥き、2mmスライス後、1cmの長さに切る。人参は皮を剥き、5mm角。しめじは石づきをとり、1cmの長さに切る。牛肉は、脂を取り除き、1cmの長さに切る
  2. 小鍋に、かつお昆布だし、醤油、砂糖を入れ、切った野菜を入れて強火にかける。沸騰したら弱火にしてふたをし、15分煮込む
  3. ②の野菜が柔らかく煮えたら、牛肉を加え、火が通るまで2分ほど煮込む
  4. ご飯の上に③を盛り付けて完成

コメント

【レシピ考案者からのコメント】
赤ちゃんは内臓が未熟。牛肉の脂は内臓に負担をかけてしまうので、しっかり取り除いてあげましょう。

【管理栄養士のコメント】
1品で主食・主菜・副菜をバランスよく摂れるメニューです。牛肉の赤身部分には乳幼児期に不足しがちな鉄分が豊富に含まれています。きのこに含まれる水溶性・不溶性食物繊維は便秘の予防・改善に効果的。肉やきのこ類はまだ噛む力が弱いお子さんには食べにくい食材なので、お子さんの咀嚼機能に応じて食べやすい大きさに刻み、具とご飯をよく混ぜてから与えると食べやすくなります。

【監修者紹介】

管理栄養士
一藁 暁子(いちわら あきこ)

女子栄養大学実践栄養学科卒業。病院・クリニック・高齢者施設にて多様な病態における栄養ケアマネジメント、治療食・介護食の提供に携わる。 管理栄養士として、より多くの方の食の不安や悩みに寄り添いサポートしたいという思いから、現在は出産を機にフリーランスの活動を広げ、乳幼児から高齢者まで一人ひとりのライフステージ、生活背景、想いを尊重したエビデンスに基づく栄養相談や食環境のサポート、レシピ考案、栄養に関する記事執筆などを手掛けている。

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>