【管理栄養士監修】卵・牛乳・小麦粉アレルギーに対応した離乳食:鮭と野菜の豆乳スープ

離乳食レシピ動画

レシピ動画

レシピ概要

  • レシピ名称:鮭と野菜の豆乳スープ
  • 離乳食期:後期(生後9~11か月頃)
  • アレルギー対応:卵・牛乳・小麦粉アレルギーに対応した離乳食

材料と手順

【材料(1食分)】

調理時間
15分

  • 鮭…20g 1/4切れ
  • ブロッコリー(穂先)…20g
  • しめじ…10g
  • 豆乳…100ml
  • ☆片栗粉…小さじ1/2 2g
  • ☆水…小さじ1 5ml

【手順】

  1. 沸騰した鍋に鮭を入れて2~3分茹で、皮を除きほぐす。
  2. ブロッコリーとしめじは1cm幅に切り、500W 1分レンジで加熱する。
  3. 鍋に鮭・野菜・豆乳を入れ、中火の火にかけて沸騰しかけてきたら、弱火にして3分煮る。
  4. ☆の水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。

コメント

【レシピ考案者からのコメント】
鮭は無塩のものを使用しましょう。塩振りされているものを使用する場合は、そのままだと赤ちゃんには塩辛いので水に15分程浸してなるべく塩分を抜いてから使用しましょう。鮭の代わりにタラなど白身魚を使用してもよいです。

【管理栄養士のコメント】
牛乳の代わりに豆乳を使用し、鮭・キノコを入れることでカルシウムの吸収を促すビタミンDを補給することができます。ブロッコリーを小松菜に変えると、不足しがちなカルシウムも補給できます。

【監修者紹介】

管理栄養士
山口 すみれ

大学の栄養学科を卒業後、大学院にてアレルギーに関与する遺伝子に関する研究を行う。大学病院にて給食管理の他、食物経口負荷試験や糖尿病教室、嚥下リハビリテーションなどに従事。「育児ケアオンライン」のサポーターとしても活躍

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>