【看護師監修】嘔吐、下痢の時の急速水分補給:経口補水液の作り方

赤ちゃんのお世話

動画

用意するもの

  • 水 500ml
  • 砂糖 大さじ3
  • 塩 小さじ¼
  • レモン汁 大さじ1(加えると飲みやすい)

手順と与え方

手順

水に砂糖、塩、レモン汁を入れて溶けるまでよく混ぜる

与え方

  • 嘔吐や下痢を認めてから3〜4時間は、30分に50mlのペースを目安として、急速に脱水補正を行いましょう(50ml→大人の3口程度)
  • 1度に大量に与えると、気分不快になり嘔吐を誘発してしまいます
  • 経口補水液を全く飲まない時は母乳、ミルクでも十分です
    母乳:短時間(通常の半分以下)を30分おき目安にしてください
    ミルク:30分に50mlのペース、ミルクは薄めないようにしてください
  • 通常のスポーツ飲料は糖分が多く、ミネラルが少ないので適しません
  • OS-1、りんごジューズを水で2倍に薄めたもの、野菜スープなどの少し塩分のあるものでも代用できます

注意事項と受診の目安

注意事項

  • 日常的に飲用するものではなく、自宅での応急処置になります
  • 糖尿病や腎疾患など治療中の場合は、かかりつけ医に使用を確認してください
  • 保存料が入っていないので、当日中に使い切りる、もしくは残りは破棄してください

受診の目安

  • 一切食べない、飲まない時は経口からの水分補給ができないので、点滴などが必要になる場合があります。一度受診しましょう

【監修者紹介】

看護師・保健師
渡邊香織

総合病院産婦人科病棟、産科クリニック勤務。行政保健師の経験から、地域の方々との関わりを学ぶ。
地域で安心して育児を行っていくにどうすればよいかを考えながら、産後ケア活動等に従事。「育児ケアオンライン」のサポーターとして活躍

日々の育児をLINEで医療職に相談できます

助産師、管理栄養士、看護師・保健師が育児のご相談にのります<詳細はクリック>