【管理栄養士監修】少ない品数で栄養がとれる離乳食:中華風どんぶり

離乳食レシピ動画

レシピ動画

レシピ概要

  • レシピ名称:中華風どんぶり
  • 離乳食期:後期(生後9~11か月頃)

材料と手順

【材料(1食分)】

調理時間
15分

  • 軟飯…90g
  • 小松菜(葉先)…10g
  • 人参…10g
  • 白菜(葉先)…10g
  • だし汁…100ml
  • 醤油…少々
  • ☆片栗粉…小さじ1 4g
  • ☆水…小さじ2 10ml

【手順】

  1. 小松菜、白菜は1cm角、人参はうす切りにしたあと5mm角に切り、中火で7~8分ほど煮て柔らかくする
  2. 鍋に①の野菜、だし汁、醤油(数滴)を加え中火で煮立たせる
  3. ☆の水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつける
  4. 軟飯の上に③をかけて完成

コメント

【レシピ考案者からのコメント】
使用する野菜はキャベツ、玉ねぎ、ほうれん草など、冷蔵庫にある余り物で代用可能です。とろみをつけることで、口触りもよく食べやすくなります。

【管理栄養士のコメント】
丼物にすることで、少ない品数で調理の手間を軽減しつつ、栄養を手軽に摂ることができます。カルシウムが豊富な小松菜など、栄養素の豊富な野菜を加えることがポイントです。

【監修者紹介】

管理栄養士
山口 すみれ

大学の栄養学科を卒業後、大学院にてアレルギーに関与する遺伝子に関する研究を行う。大学病院にて給食管理の他、食物経口負荷試験や糖尿病教室、嚥下リハビリテーションなどに従事。