【管理栄養士監修】鉄分がとれる離乳食:ほうれん草と豆腐のスープ

離乳食レシピ動画

レシピ動画

レシピ概要

  • レシピ名称:ほうれん草と豆腐のスープ
  • 離乳食期:初期(生後5~6か月頃)

材料と手順

【材料(1食分)】

調理時間
10分

  • ほうれん草(葉先)…20g
  • 玉ねぎ…5g
  • 絹ごし豆腐…30g
  • だし汁…50ml

【手順】

  1. 豆腐を耐熱容器にいれ、ラップをかけてレンジで加熱する(600W 30秒)
  2. 加熱した豆腐をすりつぶす
  3. ほうれん草と玉ねぎは沸騰した湯で柔らかくなるまで茹で、細かくカットして茶こしやすり鉢などでつぶしておく
  4. 弱火でだし汁を煮立たせ、②と③を加えて軽く混ぜ合わせて完成

コメント

【レシピ考案者からのコメント】
豆腐はそのままでも食べられる食品ですが、衛生面も考慮し、離乳食初期はしっかりと加熱して火を通してから食べさせましょう。

【管理栄養士のコメント】
ほうれん草は鉄分を多く含む食材のひとつです。ビタミンCを含むじゃがいもをメニューに取り入れると鉄分の吸収がアップするので、効率よく補給することができます。

【監修者紹介】

管理栄養士
山口 すみれ

大学の栄養学科を卒業後、大学院にてアレルギーに関与する遺伝子に関する研究を行う。大学病院にて給食管理の他、食物経口負荷試験や糖尿病教室、嚥下リハビリテーションなどに従事。